logo02

住宅用事例

>

「シンプル・レイ」工法の構造はその名の通り、至ってシンプルです。
「屋根面に直接固定せずに固定をすればいい」
ヒントは屋根の上にありました。それが少し前に流行した太陽熱温水器です。 「あんなに重たいものをどうやって固定しているのか?」
実は、ワイヤーで軒先に固定していたのです。 そこから発想したのが、「軒固定」です。
また、屋根上でヤジロベーのように重量バランスをとるため、 パネル設置面の反対面(バランス面と呼んでいます)にも架台を載せます。
屋根面を加工せずに上から架台をかぶせて軒で固定する。
一言で言えばそんな工法になります。
屋根に穴をあけずに設置するので、屋根面を痛めることのない安心安全の設置工法です。
いろいろ言葉で説明しても伝わりにくい部分があるかと思います。
日々の施工事例をご覧いただければと思います。

屋根形状から探す