1. トップ
  2. 会社案内
  3. 会社概要

we are altenergy!

社員
社員
社員

「何をやるか決める前に、誰とやるかを決めよう。」
オルテナジーの設立当初のコンセプトは、今でも変わりません。

「誰」を決めるのは、性別でも、年齢でも、国籍でも、キャリアでも、ありません。

それは我々の理念にどれだけ本気で共振したかで決まります。

オルテナジーというのはむしろ「考え方」そのものなのかもしれません。

「先人から受けた恩を次世代に返す。」

すべてこの考え方に基づいています。

その為に我々ができることを徹底的に考えて実行する、机上の理論を繰り広げるのだけではなく、
様々な経験に基づいた個人の力を集結して実行する。
そのターゲットを「エネルギー」と「食」に集中する。そんな集団です。

我々のビジョンに向けて走り続けるメンバー一人一人の言葉を通して、オルテナジーを感じてもらえればと思います。

役員メッセージ

副社長 黒田浩明

私は、太陽光発電が大好きです。
なぜ好きかと言いますと、その場で発電するからです。そのライブ感がたまりません。

その昔、ソーラーカーレースをみてその場で降り注ぐ太陽光だけで走る姿に感動しました。ガソリンや軽油を補給することなく、一切煙を出さず静かに走っているからです。

地球上のすべてのエネルギーの源は、太陽エネルギー。そこから水の循環があり、植物が光合成をおこない、動物がそれを食べ、そして分解されていくというサイクルが繰り返されています。要は、植物だって、動物だって、石炭や石油だって、全て太陽からエネルギーを得て、蓄積されたもの。

私は、今一度、太陽エネルギーの利用を見直す時期、見直さなければならない時期に来たと感じています。持続可能や食糧生産、太陽光、風力や地熱などの再生可能エネルギーによる発電と電気自動車やスマートシティなどの電気利用。利用を見直す技術が次々と生まれています。それを実行、実現することは私たち世代の「使命」であり、「願い」と考えています。

私は、交通量の多い国道の近くに住んでいます。「そんな道を走る車が全部、音 も煙も出さない車に変わったらどうなるのだろう?」「そんな中で、健康的なおいしい食事ができたらどんなに快適だろう?」想像するだけで、わくわくします。

取締役 齋藤康広

現在、我々の生活の多くは、遠く離れた地域や外国での事象に大きく依存しているのはご存じの通りと思います。その繋がりは災害や思わぬ相場高騰にとても脆いものとなってしまっています。

更には、世界的な人口増=需要増から中長期的に高騰するであろう海外の食糧や化石燃料に頼って生活することはまさに、国レベルでも地域レベルでも、更には家庭レベルでも富を無制限に流出させることに他ならないと思います。我々は食とエネルギー分野での供給ソースの分散化を進めることで、将来に渡って特に日本の方々のより豊かで自立した生活を送れることに貢献したい、様々な視点からトライしたい、と考えています。

その実現をめざしてオルテナジー流のアメーバ経営をスタートさせました。

皆が主体性をもって事業に関与することで、行動と結果の素早い検証が可能となり、組織自体の変化を大幅にスピードアップさせることが出来るのでは、と大いに期待しています。

そして私自身は、社会人生活半ばでこんなパワフルなオルテナジーに出会い、参加して、これまでと違う全く新しい挑戦が出来ています。これは何よりの喜びです。社長の髙橋をはじめとする最高の仲間達と、この、生涯最大のチャレンジを大いに楽しみ、素晴らしい成果を得たいと考えます。ワクワクする毎日ですね。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話番号でのお問い合わせはこちら

このページの上まで戻る