directphone

Nedo×旭硝子実証実験

>

    Nedo×旭硝子実証実験      

Nedo×旭硝子実証実験


callaborate

「シンプル・レイ」工法で広がる 再生可能エネルギーの更なる可能性

「シンプル・レイ」工法だけでしか設置できない屋根が存在します。 それは一般住宅においては全体の20%とも30%とも言われています。 そして、商業用の施設にもその可能性は存在します。例えば「強度が弱い畜舎」などです。

私たちに身近な存在となっている太陽光発電を幅広い用途に拡大させるため、 オルテナジーは、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構とAGC旭硝子社との共同研究を進め、「強度が弱い畜舎向け軽量発電システム」の開発に着手いたしました。

この研究では、通常の太陽電池モジュールや架台では重量的に設置が難しいとされる様々な条件の「畜舎」への設置および設置に際して問題となるアンモニアガスなどによる影響を調査し、研究開発を行うことを目的としています。 そして、待望の【超軽量化パネル×超軽量化の架台×屋根に穴をあけない工法】実証を開始いたしました。

  詳細を見る お問い合わせ