logo02

kasekisai_1

過積載とは
既設システムのパワーコンディショナ(ピークカットライン)の容量に対して、
太陽光パネルを多めに設置することで売電可能な発電電力量を底上げするシステム。
graph_expention

既設の太陽光パネル50kWおよびパワーコンディショナ49.5kWの最も条件が良い時の最大発電量は①のオレンジのエリアとなる。このシステムに太陽光パネルを20kW増設すると、発電量は緑のエリアとなるが③のエリアはピークカットで捨てられてしまうため、売電出来るのは②のエリアとなる。追加投資した金額に対して、②のパフォーマンスを最大化させることが出来るのが過積載のメリットである。

増設事例 パネル出力パワコン出力

例えば、設置認定をパネル出力で取得している場合、売電単価を維持するためには
増設後の合計出力を49.5kW以下にする必要があります。

sankaku ex_expention02

発電出力は、PCS単位でパネル出力かPCS出力のいずれか低い方の値が適用され
ますので、上記の場合はPCS4台分増設し、残り1台分の出力を9.5kW以下に
調整することで売電単価を維持したままの増設が可能です。