top_phonenumber

産業用自家消費システム

>

産業用自家消費システム

産業用自家消費トップ画像
デマンドや使用電力の削減
上がり続ける電気代に対する対策
再エネ賦課金の削減対策
省エネ法の規制対策として
非常用のバックアップ電源として
(バッテリーシステムと組み合わせて)
BCP(事業継続計画)対策として
(バッテリーシステムと組み合わせて)

これらはすべて、「自分たちで使うことによって享受できるメリット」です。

例えば「使用電力量の削減」による効果は、電気代が上がれば上がるほど、電気料金の削減額に与えるインパクトは当然の
ことながら大きくなります。将来への備えが出来る、ということが全量売電との大きな違いです。

例)毎月10,000kWhの電気を使用しており、太陽光発電によって6,000kWh削減できる場合

電力受給と自家消費型太陽光発電の仕組み

太陽光発電による電力は全体に行き渡る

1.基本は最も電力消費が多い末端の負荷に接続する 2.太陽光による発電>負荷の時は、隣接する負荷にも電力は自然と流れる 3.例え負荷の電圧が異なる(200Vや400V)場合であっても昇圧(降圧)によって負荷に回る 発電した電気は商用電力と混ざる(商用電力と同様の動きをする)ため、例えば「この機械は高電圧だから動かないのでは?」ということはない。
scheme_graph

具体的なシステムが知りたい方はコチラ

自家消費システム
自家消費システム
自家消費システム