directphone

3-A. 産業用自家消費システム

>

kasekisai_1

企業における最も効果的な増益方法のひとつ
それが半永久的にかかる光熱費の削減です

base
  • ※1.高圧電力A(東京電力)において、契約電力を100kW、年間使用量を110,000kWh、基本料金変動なし、電力量料金の年間上昇率0.5%、再エネ賦課金の年間上昇率8%(10年目以降は変動なし)、燃料費調整を平均-4円/kWhと仮定した場合の金額です。
  • ※2.使用電力量料金および再エネ賦課金の累積金額(年間上昇率を考慮)を25年間の電力使用量で割った単価です。基本料金や燃料費調整分は含みません。電気代総額を総使用電力量で割った場合の単価は31.8円/kWhとなります。
  • ※3.初年度の想定発電量を1,100kWh/kW、年間発電量逓減率を0.5%とした場合の削減効果です。
  • ※4.設備導入費用(18,000,000円)を25年間の総発電量(2,591,155kWh)で割り出した値です。